ヒューマンインタフェースシンポジウム2019で発表しました

ヒューマンインタフェースシンポジウム2019で藤江君(修士1年)が「ユーザの活動遷移を検出し仮想キャラクタが能動的に音声で情報提供するシステムの試作」と題して,KDDI総研と藤田研で共同で推進しているプロジェクトについて発表しました. 2019年9月2~5日

藤江君